活動報告ACTIVITY

5月26日(火) に総勢8人で福島県原発被害地視察を行いました。
福島の風景は以前と変わらず、巨大なシートで覆ったままのフレコンバックの山や危険区域のバリケード、人けのない景色に
変わりありません。この福島原発災害を決して「風化」させてはならない。たたかいは続きます。
DSCN4702 DSCN4709 DSCN4713
DSCN4712 DSCN4714 DSCN4757
DSCN4730 DSCN4779 DSCN4778

 

前のページへ戻る